風俗で働いていることをみんなに知られたい!という女性はいませんよね?

匿名のメリットは何もインターネットに限られません。例えば風俗で働きたいなと考えたときに「働いていることを知られたくない」とお考えになる方は少なくないでしょう。

風俗業界は決して悪い産業ではないものの、昔からの悪しきイメージにより風俗で働いていると言うことを知られれば人間関係が面倒になることを予想される方がいることは十分に理解できます。

どうすれば「身ばれ」せずに風俗で働くことが出来るのでしょうか。

裸でヨガのポーズを取っている女性

風俗求人を見るだけでは分からないこと

求人を見てみると「あなたが働いていることを他言しません」と書いてある求人があるかもしれません。これは一定の安心感を得られますが、考えてみれば当たり前の話です。

普通お店側は、誰が働いているかという情報を他人に明らかにしません。職業に関する情報は立派な個人情報ですから、個人情報の保護が叫ばれる昨今ほいほい流出させているようでは信用もままなりませんね。

どのようにすれば身ばれを防げるのか

お店側からの流出がないとすれば、働いていることが流出する原因として考えられるのが「誰かに見られてしまうこと」と「自分からぽろりと漏らしてしまうこと」の二つです。

つまりこの二つへの対策を上手に施していけば、風俗で働いていることを知られずに人間関係を続けていけることでしょう。

技術を身につけることから始めよう

今回は風俗店で働きながらも、身晴れをしないための技術をご紹介していきたいと思います。頭で考えるよりも、まずはどのようにすれば自分の情報が他に流出しないかと言うことを身につけておく必要があります。

こうした情報は風俗の求人には載っていませんし、なかなか働きながら考えると言うことも出来ませんから事前に知識として持っていただけたらとおもいます。